林秀靜 プロフィール

林秀靜

林秀靜 Rin Shusei

命理学研究所代表/中国卜筮星相学研究家。
幼少の頃より様々な神秘体験をする。それらの疑問を氷解させるため、易学、宗教、哲学、心理学等の本を読みふける。

1973年より東洋占術や西洋占術を幅広く学び、中国占術の的中率の高さに驚く。
1988年より本格的に中国卜筮星相学の実践的研究に励む。
1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。

以来、中国の原典と実占を中心に研鑚を深め、今日に至る。
専門は中国卜筮星相学全般。「八字」「紫微斗数」「卜卦」「風水」「面相」「手相」「姓名判断」など、五術全般を専門とする。

クリニックでの合同研修

1999年~2007年、玉川学園岡田医院にて「八字」と「中医学」を合わせた「命証合診(めいしょうごうしん)」を行い、長春中医学院大学教授、袁世華先生と岡田医院院長岡田研吉先生らの協力を得て、先天体質・発病の可能性の研究、病気の治療や予防対策に関わる。

専門学校での活動

1999年~2007年、恵比寿にある占術専門学校「アカデメイアカレッジ」にて、東洋占術の講師を務める。
「八字」「命証合診」「陰陽五行と体質診断」「食べ物と陰陽五行」「風水」「手相」「人相」「姓名判断」など多数の講座を開講。

主な研究テーマ

命理学(八字)による先天体質の研究
  • 医院で9年間に約2000人の問診を取り、生年月日時から先天体質をデータ化。
  • 病気と先天体質との関係。五臓六腑の機能の強弱。
  • 発病の時期。病後の体調予測
  • 妊娠の時期の予測。不妊症対策。
  • 健康管理の要点
命理学(八字)による開運法研究
  • 「貧、富、貴、賎、賢、愚、寿、夭」の研究
  • 運気の法則性。開運法の研究。陰徳のすすめ。
  • 個人の能力開発法
風水の研究と実践
  • 室内の風水調節による陽宅開運法
  • 家屋の立地条件、移転方位による開運法
現在の状態から5年・10年先の未来予測
陰徳と積善の効能について

「命理学研究所」のご案内

「命理学研究所」は、中国命理学を機軸とし、命・卜・相・山・医の範囲に渡り、人間の命、運、能力、適性、相性、時期、吉凶、成否、吉地・吉方位、疾病、開運法、招福法、などについての研究分析、アドバイスをするための団体です。
「中国占術の習熟」「陰陽五行法則の把握」「物事の道理を学ぶ(四書五経)」「精神的な境涯を高める」という目標のもと、日夜活動しています。

命理学とは? 
「命理学」について簡単にご説明します。

ページの一番上へ