命理学とは

命理学とは何か

命理学とは、宿命の理(ことわり)を研究する学問のことです。 中国のことわざに、“知命、後改命”というものがあります。これは「宿命を知った後に初めて改命ができる」という意味です。 宿命を別の言葉で表現するとカルマと言えるかもしれません。何人も親や兄弟、生まれ育つ環境を選ぶことはできません。そして、“巡り会い”という希有なる縁を何人とも避けて通ることはできません。それこそが宿命なのです。宿命という生まれ持った人生を認識し、それを改命して、自らの善行努力により境涯を高め、新しい人生を立命しましょう。

人生を素晴らしく展開できるかどうか、それは、あなたの今日からの前向きな姿勢と意志決定によります。人生は先天性は50%、それを努力や工夫で変え、自ら立命していくことこそ創造的人生だと言えるでしょう。 あなたの素晴らしい人生のビジョン創造のために、そして、そのビジョン実現のための問題解決と積極的なサポートをさせていただきます。

中国占術の五分類

中国占術は、大きく5つのジャンルに分類することができます。これらを五術といいます。

中国占術の五分類

命術(めいじゅつ)

個人の宿命を割り出す術のことを総称して「命術」といいます。その人の生年月日時から生まれつきの傾向性を知ることができます。四柱推命(八字)、紫微斗数、果老星宗、七政七餘、星平會海など。

四柱推命

紫微斗数

卜術(ぼくじゅつ)

ある物事について“神意”を尋ねる占いを総称して「卜術」といいます。卜は、亀の甲羅を炙ってできたひび割れのこと。ある時間・象意・方位を根拠にして占います。亀卜、断易、太乙、六壬、奇門遁甲、占夢、測字など。

断易

相術(そうじゅつ)

目で見える姿や形から、良し悪しを判断する術のことを総称して「相術」といいます。面相、手相、骨相、風水、印相、名相など。

風水

姓名判断

相性診断
パートナー選びが的確に。あなたの良いところを引き出してくれる人、あなたによって人生が盛んになる人、深い信頼関係を作りあえる人が判ります。人との相性が判ります。
家庭・会社での人間関係改善にも寄与します。家族・友人、会社の上司・部下・同僚への理解を深め、自分の役割を認識することで人間関係が改善し、効果的なチーム作りが可能になります。
中国相法
命理学研究所では、中国相法を中心に据えた東洋の相学を研究しています。
中国相法である五行相法、十二宮相法、禽獣相法、心田観相法など、手相も含みます。

医術(いじゅつ)

病を治し、病を予防する術をいいます。薬草、方剤、鍼灸、按摩、導引、養生法を含む医術全般を指します。

命証合診 めいしょうごうしん
あなたの生まれつきの体質がわかる「命証合診(めいしょうごうしん)」。
林秀靜(命理学研究所主宰)をはじめ、袁世華先生(長春大学教授・杏林研究所所長)、岡田研吉先生(玉川学園岡田医院院長)が取り組んでおられます。

「命証合診(めいしょうごうしん)」とは、香港・台湾で行われている中国医学の診断法の一つです。
「命」とは、生年月日時・出生地より先天運を出し、その人が授かった運命を知る技法。「証」とは、漢方医が、病気の原因や体質を的確に把握するために用いる、診断手法であります。つまり、「命」で先天体質や体調のリズムを把握しながら、「証」で現在の病状を診断するというのが「命証合診法」なのです。”体質と病気”、”性格と人生”などをトータル的な視点で捉えることにより、体質改善、病気の効果的な治療、病気の予防、人生予測などができるようになります。

中国医学の原点は、古く「陰陽五行説」にあります。同じく、中国命理学の基本法則も「陰陽五行説」です。
共通の法則で束ねられた中医学と命理学は、全ての面において密接不可分なものです。また中国命理学は、唐代に創られ1300年にも及ぶ永い歴史があるものです。この「命証合診法」を、医師の協力を得た臨床データととも発表するのは、日本では初めて。日本における盲目的な健康ブームの中で、利用価値の高い診断方法として、今後、多くの人の健康管理に役立つことと思います。四季のリズムに添うように、運気のリズムにも添って喜びと健康を満喫しましょう。

※未病チェック機能…先天的な体質や健康増進のためのアドバイスをします。先天体質や弱りやすい臓器を知ることで、病気になる前にケアできます。気を付けるべき身体的部分。ケガや病気に気を付けるべき時期。ウィークポイントのケアの方法などが判るようになります。

関連書籍
命証合診

命証合診

体質と病気と運命が分かる。「命理学」と「漢方治療」の結合

2005年8月25日刊行  東洋書院

ページの一番上へ